ワラントで爆発的利益を生む

ワラントってご存知でしょうか?ローリスクハイリターンと言われるワラントで爆発的な利益を上げてみませんか?

スポンサーサイト

スポンサー広告 ] --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP


株式交換 自己株

ワラント ] 2008/04/20(日)



自己株式及び法定準備金の取崩等に関する会計基準等について
商品価格:2,000円
レビュー平均:0.0

Jパワー株取得の中止勧告決定
提案でTCIは、1)持ち合いを含む株式投資総額を50億円に制限する定款変更、2)最低3人の社外取締役枠を設定する定款変更、3)総額700億円の自己株取得枠の設定──のほか、2通りの増配案を株主総会の議案にするよう求めた。 株最新情報は. ...(続きを読む)


「自社株買い」をすると株主が得るメリットは、その会社の株数が減るので、1株当り...
「自社株買い」をすると株主が得るメリットは、その会社の株数が減るので、1株当りの利益が増えることにある。例えば、利益が1億円で10,000株発行しているとすると、1株当りの利益は1億円÷10,000=10,000円。10,000株のうち5,000株を自社株買いしたとすると、1株当りの利益は1億円÷5,000=20,000円。理論的には、株価も2倍になるので、その株を保有している株主にとってメリットがあることになる。確かに、形式理論上はそのとおり。では、その後、自社株を消却した場合は?すなわち、5000株を自社株買いし、消却した場合には、形式的には、元に戻るだけ??自社株買いと自己株の消却を全く別々に考えていれば、自社株買い(=実質的に配当と同様の効果)、自己株の消却(=増資)ということになるのだろうが・・。買いと売り(消却)を一体でみると、形式理論上は、なんの意味もないことになるのだろうか??長文申し訳ありません。。宜しくお願い致します。(続きを読む)


幻のブラックカード取得法 信じられないサービスとステータス!クレジットカードの最高峰、ブラックカードを取得しよう!


スポンサーサイト
01:25 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP



トラックバックURLは http://walant.blog108.fc2.com/tb.php/374-6e904901

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| このページの先頭へ |

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

フリーエリア


  • seo

リファラーをSEOに役立てるシステム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。